FC2ブログ
最新ゴルフスポーツニュースを配信します
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<フジサンケイクラシック 初日◇30日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」が山梨県にある富士桜カントリー倶楽部で開幕。09年、10年大会チャンピオンの石川遼がハーフのプレーを終了。1バーディ・1ボギーのイーブンパーで現在30位タイにつけている。
 首位は5アンダーの小田孔明(13ホール消化)と宮本勝昌(12ホール消化)、2打差3位タイには岩田寛、白潟英純らがつけている。
 


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
石川遼の1打速報でリアルタイムにプレーをチェック!遼、「しっかりと良い準備はできている」遼、予選ラウンドは諸藤、武藤と同組 フジサンケイクラシック


http://news.livedoor.com/article/detail/6904011/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<中間速報>遼は前半イーブンパー、首位は小田と宮本
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000002-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大 プロアマ戦で富士山を背にコースを歩く石川遼=富士桜CC  米国からの帰国初戦だった前週、予選落ちした石川遼はリフレッシュした様子だ。男子ゴルフのフジサンケイ・クラシック前日の29日、会場の山梨県富士桜CC(パー71)で最終調整し「土、日はショートゲームを磨く時間があった。予選落ちが優勝につながった、となるように練習したつもり」と2009、10年に連覇した相性のいい大会に向け意気込んだ。プロアマ戦では、グリーン周りやバンカーのチェックを念入りに行った。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6900779/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<速報>小田孔明が4連続バーディ!大会3度目制覇目指す遼もスタート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000001-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 男子ゴルフの第40回フジサンケイクラシック(産経新聞、フジテレビなど主催)は30日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(7437ヤード、パー71)で開幕し、第1ラウンドを行った。
 快晴で夏空が広がる富士山麓で、午前7時20分に第1組がスタート。早い時間に競技を開始したデービッド・スメイル(ニュージーランド)、プラヤド・マークセン(タイ)らがボギーなしの3バーディーで前半を折り返した。
 2年ぶりの優勝を目指す石川遼は、昨年大会覇者の諸藤将次、今季の関西オープン勝者、武藤俊憲と同組で午後にスタート。賞金総額1億1千万円、優勝2200万円。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6903307/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、同組・椎名桔平を絶賛/フジサンケイC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000515-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大男子ゴルフ、フジサンケイクラシックゴルフ、プロアマ 11Hでラインを見る石川遼=山梨県富士桜カントリー(今野顕撮影) 男子ゴルフの第40回フジサンケイクラシック(産経新聞、フジテレビなど主催)は30日、山梨県富士河口湖町の富士桜CC(7437ヤード、パー71)で本戦が始まる。大会連覇を4日間大会で狙う諸藤将次、2年ぶりの優勝を目指す石川遼、今季3勝目に挑む藤田寛之、ルーキーでメジャー大会優勝の藤本佳則らに韓国勢を交えて白熱した戦いが繰り広げられそうだ。賞金総額1億1千万円、優勝2200万円。
 29日はプロアマトーナメントが行われ、近藤共弘組が優勝し、石川組は13位だった。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6901317/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


フジサンケイクラシック開幕、2年ぶり優勝目指す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000526-san-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大 富士山をバックに15番ティーへと向かう石川遼(撮影・西岡 正) 「フジサンケイ・クラシック」(30日開幕、富士桜CC=パー71)

 男子ゴルフのフジサンケイ・クラシック開幕前日の29日、会場の山梨県富士桜CC(パー71)でプロアマ大会が行われ、石川遼(20)=パナソニック=が、09、10年と2連覇している今大会からダッシュをかける意欲を示した。

 今年は3度の海外遠征で計18試合を戦い、来季の米ツアー賞金シードも当確にした。課題のパッティングは、週末の土、日曜日の集中練習で復調。「先週の予選落ちが“優勝につながった”と言えるように練習したつもり」と強気だ。

 過去5年、計17ラウンドで7ボギー、1ダブルボギーでバーディー0の5番(501ヤード、パー4)も「ドライバーが300ヤードいけば8Iくらいだけど、5Iや6Iでも、そのアイアンの精度で勝負したい」。手応えを得ているミドルアイアンで、難ホール初のバーディー奪取を狙う。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6902616/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、2年ぶりVへ秘密兵器/フジサンケイC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000000-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大プロアマトーナメントでプレーする諸藤。昨年に続く連覇の期待がかかる =山梨県富士桜CC(春名中撮影) ■ショット好感触 母の仏前に連覇誓う
 勝手の違うプロアマで「試合以上に緊張した」と苦笑いを浮かべた諸藤だが、それでもしっかりと連覇への準備に怠りはなかった。
 前日、石川遼との初の練習ラウンドで「ティーショットの感覚と距離感を確かめながら」回った。屈指の飛ばし屋だけにティーショットの出来はスコアに直結する。再確認の意味も兼ねたプロアマで「ショットは前日より良い感じでした」と手応えをつかみ「(ティーグラウンドが動く)14番でバーディーが取れると、ロングホールの15、17番もきっちり(バーディーを)取れて流れに乗れると思う」と勝負どころを頭に描く。
 昨年、台風の影響で2日間大会に短縮されたが、初優勝。その効果は大きかった。「とりあえず予選を通ってのゴルフから、優勝できる自信がついて、上を目指せるようになった」と精神的に成長。実際、優勝後12試合に出場し予選落ちは1度だけ。「昨年はここからよくなったので、もう一度」の思いだ。
 前週、地元・福岡で行われた大会で予選落ち。早めに実家に帰ることになったが、一昨年2月に亡くなった母・孝子さんの仏前にお参りしたという。フジサンケイは孝子さんが好きだった桜の名前がつくコース。「縁のある大会なので、地元で駄目だった分も頑張ってくる」と誓った27歳は「4日間大会でずっと勝ちたいと思っていた。それがここだったら一番いいですね」と気合を入れた。(松本恵司)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6902322/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


諸藤「4日間大会で勝つ」 フジサンケイクラシック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000116-san-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



プロアマ戦、富士山をバックに14番へ移動する石川 男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックは30日、山梨・富士桜CC(7437ヤード、パー71)で開幕。大会2勝でコース相性のいい石川遼(20)=パナソニック=は過去5年で一度もバーディーがない、唯一苦手とする5番ホール(パー4、501ヤード)に警戒警報を発令した。
 富士山を望む中、猛暑でのプロアマ戦を終えた石川は「5番はフェアウエーの幅が狭く、深い右ラフに打つとセカンドが(グリーンを)狙えない。全選手にとって難しく(海外)メジャーにあってもおかしくない」と左ドッグレッグで、昨年は全選手平均で4・731打を要した最難関のホールを分析した。自身も17ラウンドでダブルボギー1度(昨年第2R)、ボギー7度と苦戦している。
 今季の目標である「ツアー2勝&賞金王奪回」に向け「(5番で)ボギーを打たないマネジメントをしなければ。良ければバーディーを取れるような攻めをしたい」と攻略ポイントに挙げた。「昨年よりミドルアイアンの精度が向上した実感がある」とうなずき、2年ぶりVに自信を見せた。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6902375/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、好相性大会で再ダッシュ「“優勝につながった”と言えるように練習した」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000019-dal-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大  先日、アメリカツアーを終えて帰国したプロゴルファーの石川遼。“特別招待枠”で出場したマスターズや、ギリギリで出場枠に滑り込んだ全米オープンといったビッグタイトルは予選落ち。久々の国内復帰となったVanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントでも74位タイでまたしても予選敗退と、不調が続いている。
 昨年からは、ずっとコーチを務めてきた父・勝美氏以外に、初めてプロコーチの佐々木孝則氏がツアーに帯同。4月に発表した、交際中の中学時代の同級生との婚約もあり、「親離れがきっかけになって、スランプから抜け出せるのでは」という見方もあった。しかし、最近では「実は、まだ親離れができていない」という声が上がっているのだ。
 現に、7月末に発売された『石川遼自伝 僕の歩いてきた道』(講談社)には、その“父子密着”ぶりが表れている。
 この本では、遼自身が少年時代から現在にいたるまでを振り返っているのだが、日曜の夕方は家族そろって『笑点』(日本テレビ系)を鑑賞し、謎かけを行って“発言力”を磨いたり、高校1年のときにプロ転向を父に宣言すると、「スポンサー企業の年輩の方々をおまえがご接待できるのか? 遼は日経平均って分かるか? 説明できないだろ(後略)」と言われ、その後一週間かけて日経平均を勉強するなど、中には凡人には真似できない石川家のオリジナリティあふれる教育法も。しかし、遼は「将来、何を目指すにしても一流にならなければ意味がない」と教育を施してきた父に対する感謝を綿々と綴る。さらに、感謝を超えて、まるで“フォロー”するような言葉も目立つのだ。
 例えば、「僕だって、父の意見に反発したこともあった。それは刃向ったというよりは、父の意見が正確すぎて、僕に言い返す余地がまるでないことが気にくわなかっただけだ」と、いたって普通の反抗期についても自分の非を認め、「断言できるのは、父が僕のゴルフの才能に賭けていたわけではないことだ」と、父に過度な期待があったわけではないと言い切っている。以前、「遼で飯食ってんだから、余計なことを書いたらどうなるかわかってるんだろうな」というマスコミに対する勝美氏の発言が報道されたことがあったが、遼が書く勝美氏は、そういったマスコミで語られる“息子を支配しようとする父親像”を否定するような内容である。

 しかしこの本がすごいのは、そういった遼のフォローも空しく、すべてを父が覆してしまう点。マスターズ優勝という大きな夢を掲げ、美しく自伝は締められるのだが、なぜか最後の最後に、「解説と補足」という勝美氏による謎の章が設けられているのだ。
 その内容は、“いかにプロゴルファーに必要な人間力をしつけてきたか”というもの。しかも、遼自身が父への感謝も織り交ぜながら自伝内で取り上げているエピソードが完全に重複しており、自分のおかげ感をアピールしているようにしか読めない“毒親”感に溢れている。
 婚約発表時の週刊誌のインタビューでも、「彼女はいい子だけど、本当に彼女と結婚するのかは分からない」と、遼の婚約発表を全否定するような発言を残した勝美氏。その上、「遼はいま飛び立つ飛行機のような状態。そこに彼女というお客さんをひとり乗せても十分に飛ぶだけの力はついたのだと思う」と、婚約者を客に例える無神経さを見せた。
 父による「解説と補足」がつきまとう限り、遼の苦難が続くのは目に見えているが、親離れを父が許す日は、まだまだ遠いのかもしれない。
(文=須田林)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
「なぜ認めた!?」石川遼の婚約スクープの裏に父・勝美氏の誤算――「早くアイツと別れろ!」プロゴルファー石川遼 米国進出に向けて周囲に心配の声プロゴルフ石川遼「恋人いる」宣言でさらに過熱するマスコミの報道合戦


http://news.livedoor.com/article/detail/6899075/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【GOLF】フジサンケイクラシック 諸藤、石川、武藤が同組で激突!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000411-ism-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<フジサンケイクラシック 事前情報◇29日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」が山梨県にある富士桜カントリー倶楽部を舞台に30日(木)開幕を迎える。
 予選ラウンドの組み合わせが発表され、09年、10年と連覇を達成している石川遼はディフェンディングチャンピオンの諸藤将次、今季好調の武藤俊憲と同組で12時40分にスタートとなった。
 池田勇太は宮本勝昌、河野晃一郎と同組で12時20分に10番スタート、藤本佳則は谷口徹らと同組で12時30分に10番スタートとなった。



すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
遼、大会3連覇の偉業達成はならず…後半の足踏みが響く 昨年大会石川遼の1打速報遼、“生みの苦しみ”改良中のパター決まらず無念の予選落ち KBCオーガスタ


http://news.livedoor.com/article/detail/6898971/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、予選ラウンドは諸藤、武藤と同組 フジサンケイクラシック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000000-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大フジサンケイクラシック2012 前夜祭 談笑する(左から)石川遼、椎名桔平、永井大=山梨・富士吉田市のハイランドリゾートホテルアンドスパ(撮影・中島信生) 第40回の記念大会を迎えた男子ゴルフのフジサンケイクラシック(産経新聞、フジテレビなど主催)は28日、山梨県富士吉田市のハイランドリゾートホテル&スパで、29日に富士桜カントリー倶楽部(富士河口湖町)で行われるプロアマトーナメントの前夜祭が行われた。石川遼ら選手のほか、ゴルフ愛好家である俳優、椎名桔平さんや永井大さん、タレントの森下千里さん、吉沢ひとみさんら408人が出席し、華やいだ雰囲気に包まれた。
 約2年ぶりの優勝を目指す石川や昨季覇者の諸藤将次らは招待客と談笑したり、写真を撮るなど本戦を前にリラックスしたムード。壇上に招かれた石川は「いい状態」と意気込めば、諸藤は「4日間で勝つのが目標」と連覇を見据えた。本戦は30日から4日間開催される。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6897956/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、巻き返しへ猛特訓!パットのみ10時間…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000223-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



久々の優勝へ向け意気込みを語る石川 男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックは30日から4日間、山梨・富士桜CC(7437ヤード、パー71)で行われる。09、10年大会を連覇した石川遼(20)=パナソニック=は、VanaH杯KBCオーガスタで予選落ちを喫した後、先週末に2日間で計10時間のパット特訓を行ったことを明かし、巻き返しを誓った。
 石川は、7週ぶりに国内ツアー復帰戦となった先週のVanaH杯KBCオーガスタでは第2日に2メートル以内を4回外すなどパットが不調で、74位で今季2度目の予選落ちに終わった。予定外に時間があいてしまった先週末、埼玉の実家近くの練習場で、地道な練習に励んでいた。「土日2日間トータルで10時間パッティングを練習した。1~5メートルの距離をどれくらい決められるか。今週に向けていい準備ができた」と話した。
 ただ、不安も残っている。先週、シャフトの長さが以前の35インチから33インチと短い新パターを導入。「まだ(完成度は)10~20%。今週で100%にすることは考えず、1年くらいかけてじっくりやろうと思う」と長期戦を覚悟していることを明かした。
 この日、09、10年の王者・石川は、昨年王者の諸藤と前哨戦を行った。練習ラウンドでは昨年のドライバー飛距離2位(298・93ヤード)の飛ばし屋の諸藤とイン9ホールを回った。「体の使い方が参考になって、イメージが良くなった」と石川。予選ラウンドでの同組も決まり、18番グリーンでは「木曜もお願いします」と笑顔であいさつ。健闘を誓い合った。
 「相性がいいコースだと分かっている。自分のゴルフで優勝を目指したい」と力強く宣言し、10時間練習で成長した成果の一端を見せる。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6898516/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


フジサンケイクラシック あすから予選ラウンド熱戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000033-fsi-bus_all





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大企業別オンエアランキング 写真一覧(5件) ゼータ・ブリッジは、独自のリアルタイムCM自動認識システムを利用した、関東民放テレビ局のCMオンエア実績を集計した2012年7月度のランキングデータを発表した。ランキングデータの概要は以下のとおり。

【対象放送局】
日本テレビ・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビ

【集計期間】
7月1日0:00:00~7月31日23:59:59まで

【各種ランキング】
・企業別オンエアランキング
第1位:花王
・素材別オンエアランキング
第1位:ハウス食品/バーモントカレー(青空バーモント篇15秒)
・商品別オンエアランキング
第1位:グリー/グリー
・出演者ランキング
第1位:香取慎吾(SMAP)
・着メロダウンロードランキング
第1位:ソフトバンクモバイル/プラチナバンド「ドリフの早口ことば/ザ・ドリフターズ」

 企業別オンエアランキングでは、花王が1位。これで4ヶ月連続の1位となる。7月は前月とそれほど変動はなかったが、新CMを大量投下したKDDIが上位にランクインしている。剛力彩芽や、巨人の星のキャラクターが登場するコミカルな内容などがインパクトがあった。その他にも、夏公開の映画による出稿が増えた、東宝、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが上位にランクインしている。

 素材別オンエアランキングでは、相葉雅紀(嵐)出演の「バーモントカレー(青空バーモント篇15秒)」が1位。話題のCMとしては、木村拓哉(SMAP)とジミー大西が共演で話題となった「サマージャンボ宝くじ/2000万サマー」のCMが2位にランクイン。また、ロンドンオリンピック日本応援商品として、期間限定で発売された「ジャパンゴールド(応援団室伏選手監修篇15秒)」のCMも上位にランクイン。

 出演者別オンエアランキングでは、香取慎吾(SMAP)が1位。ソロとしての出演だけではなく、SMAPとしてもセブン-イレブンやスクエア・エニックスといった話題のCMへの出演が印象的だ。2位は武井咲がランクイン。そして、ロンドン・オリンピック開幕となった7月は、スポーツ選手の出演が目立った。ゴルフの石川遼、なでしこジャパンの澤穂希、体操の内村航平などが上位にランクインした他、サッカー日本代表の長友佑都、なでしこジャパンの川澄奈穂美、ハンマー投げの室伏広治なども出演数を増やしている。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
優香も感動!リーゼ「パサつきしらずのまとまりミルク」CMオンエアスタート剛力彩芽の新CM!auスマートバリュー「チアリーダー」篇8月16日スタートすっぴん肌の新垣結衣…新CM「雪肌精」が7月7日(土)よりO.A.スタート


http://news.livedoor.com/article/detail/6892928/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<女子ゴルフ>アン・ソンジュが首位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000040-mai-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 ◆男子プロゴルフ VanaH杯KBCオーガスタ第2日(24日、福岡・芥屋GC=7146ヤード、パー72) 悪天候のため順延となっていた第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われた。オーストラリアのカート・バーンズ(31)=アクシネット=が64で回り通算13アンダーで単独トップに立った。
 1打差の12アンダー2位には貞方章男(33)=光CC=。11アンダー3位には藤本佳則(22)=フリー=と、韓国の金亨成(32)=福住ピーニング工業=が並んだ。
 石川遼(20)=パナソニック=は68と伸ばしたが2アンダー74位で予選落ち。池田勇太(26)=日清食品=も3アンダー66位で姿を消した。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6886569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼妹葉子1打届かず予選落ち/女子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000010-nksports-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,146ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の2日目。第1ラウンドで2オーバー121位タイと大きく出遅れた石川遼。巻き返しを図りこの日のラウンドに望み、4バーディ・ノーボギーの68をマーク。スコアを4つ伸ばしたが、カットラインに2打届かず無念の予選落ちを喫した。
石川遼の1打速報で2日目のスコアを振り返る
 石川は5番でバーディを先行させると、8番パー3では長いバーディパットをねじ込み小さくガッツポーズ。9番パー5ではカップに蹴られスコアを伸ばせなかったが、イーブンパーにスコアを戻し折り返す。後半も11番でバーディを奪取、13番ではティショットを右に曲げトラブルとなったが、悪いライから直ドラを決行。攻めの姿勢で予選突破を目指したが、その後のバーディは1つに留まりカットラインには届かなかった。
 この日は初日荒れたドライバーをきっちり修正。キレのあるアイアンショットでチャンスも演出したが、パッティングが決まらなかった。この大会から短めのパターに換えて、ストロークを“真っすぐ引いて真っすぐ出す”シンプルなものに改良しようとしている石川。その結果を出せず「悔しさは人一倍感じている」と唇を噛んだ。
 しかし、この改良の時間は「勝つために必要な期間」。さらに自分を進化させようとする“生みの苦しみ”だ。「勝つためなら耐えられる。曲げずにやっていくしかない」。まだまだツアーは続く。いつか花開く時を信じ、自分の決めた道を貫き通す。
【2日目の順位】
1位:カート・バーンズ(-13)
2位:貞方章男(-12)
3位T:藤本佳則(-11)
3位T:金亨成(キム・ヒョンソン)(-11)
5位T:松村道央(-10)
5位T:河井博大(-10)
7位T:塚田陽亮(-9)
7位T:J・チョイ(-9)
7位T:藤田寛之(-9)
10位T:谷口徹(-8)他4名


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
遼、ドライバー制御できず…大荒れゴルフで暫定122位タイ 初日石川遼のスイングをスーパースローで分析!松山英樹が日本学生選手権連覇!2位と6打差完全優勝


http://news.livedoor.com/article/detail/6886773/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


賞金ランキング、キム・ヒョンソンが6位に浮上!首位はB・ジョーンズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000002-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大賞金ランク6位の金亨成(キム・ヒョンソン)(撮影:上山敬太)<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」終了時の賞金ランキングが発表され、ツアー初優勝を挙げた金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)が6位に浮上した。
金亨成が嬉しいツアー初優勝「超気持ちいいです」
 首位はブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)がキープ。2位は藤田寛之、石川遼は28位となっている。
【国内男子賞金ランキング】
1位:ブレンダン・ジョーンズ (73,062,788円)
2位:藤田寛之 (64,626,922円)
3位:イ・キョンフン (57,455,894円)
4位:藤本佳則 (55,748,514円)
5位:谷口徹 (50,619,391円)
6位:金亨成(キム・ヒョンソン) (47,549,833円)
7位:武藤俊憲 (36,981,108円)
8位:I・J・ジャン (35,369,827円)
9位:J・チョイ (32,247,857円)
10位:谷原秀人 (30,554,761円)
11位:池田勇太 (27,215,590円)
28位:石川遼 (15,289,544円)



【関連リンク】
各ツアーの賞金ランキングをチェック
金亨成(キム・ヒョンソン)のプロフィールなどすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
藤本佳則は22位タイで終戦「気持ちよくゴルフができていない状態」貞方章男、1打及ばず2位に「残念です」細川和彦は3位でフィニッシュ!「半泣きしました」


http://news.livedoor.com/article/detail/6892193/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


芹沢、米山らが本戦出場権争う/フジサンケイC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000528-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大首位とは2打差で決勝ラウンドへ(撮影:上山敬太)<VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,146ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」は2日目の競技を終了。初日にコースレコードタイの63をマーク、9アンダーで首位に立った藤本佳則。しかし、この日は1番からティショットを右に曲げ、セカンドを木の枝に当ててしまうなどショットが大荒れ。うつむき気味で歩き、ため息をもらす姿が目立った。
藤本佳則、コースレコードタイ“で暫定首位
 1番から連続ボギーを叩いてしまった藤本。その後はなんとか粘りパーを拾っていくと8番から今度は連続バーディを奪取。これで「後半また頑張るぞという気持ちになれた」と折れそうな心をなんとかつなぎとめると、13番パー5で2オンに成功。「打った瞬間弱いと思った」パットだったが、そのままスルスルとカップに吸い込まれイーグルに。「今日は全部パーでしのごうかと思ってましたが、ごほうびですね」とこれでスコアを2つ伸ばしトータル11アンダー首位と2打差の3位タイで決勝ラウンドへ。
 終了後は練習場へ行き「バックスイングと体の使い方をちょっとずつ調整」した。ここまで悪いなりにもスコアを伸ばしてきているが、いい時のスイングに戻せればルーキーイヤーでの2勝目をぐっと引き寄せることができる。残り2日間、はたして自分のスイングを取り戻すことができるか。
 藤本に代わり首位に立ったのはオーストラリアのカート・バーンズ。「ショットもパットも全体的に良かった」と1イーグル・7バーディ・1ボギーの64と大爆発し、トータル13アンダーで一躍首位に躍り出た。「明日もこの調子でいければ。いい週末を迎えられればいいね!」と話したバーンズ。昨年の「ANAオープン」以来の国内ツアー2勝目を目指す。
 久しぶりの国内ツアー参戦となった石川遼はトータル2アンダー、初代チャンピオンの青木功はトータル9オーバーで予選落ちを喫した。この大会のカットラインは4アンダーで資料が残る1985年以降では歴代2位のハイスコア記録となっている。
【2日目の順位】
1位:カート・バーンズ(-13)
2位:貞方章男(-12)
3位T:藤本佳則(-11)
3位T:金亨成(キム・ヒョンソン)(-11)
5位T:松村道央(-10)
5位T:河井博大(-10)
7位T:塚田陽亮(-9)
7位T:J・チョイ(-9)
7位T:藤田寛之(-9)
10位T:谷口徹(-8)他4名


【関連リンク】
藤本佳則の今季成績
特集!国内男子ツアー2012すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
レジェンド青木、「長い間ありがとうございました」遼、ドライバー制御できず…大荒れゴルフで暫定122位タイ「石川遼1打速報」で全ストロークを振り返る


http://news.livedoor.com/article/detail/6886774/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


穴井詩、おやつでV圏2差キープ/国内女子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000045-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 ◆女子プロゴルフツアー ニトリレディス第2日(25日、北海道・桂GC、6477ヤード=パー72)  63で回ったアン・ソンジュ(24)が通算10アンダーに伸ばし、首位に浮上。単独首位から出た穴井詩(らら、24)=雄山=は5バーディー、3ボギーの70で回り、8アンダーで2打差2位。7アンダー、3位に前週Vの全美貞(29)ら2人。
 石川遼の妹でアマチュアの葉子(西武台千葉高1年)は4オーバー、プロデビュー戦の比嘉真美子(18)=フリー=は9オーバーで、ともに予選落ち。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6888888/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼妹・葉子が悔し涙!1打及ばず予選落ち…女子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000250-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



ホールアウトし山村(左)と握手をする石川 ◆女子プロゴルフツアー ニトリレディス第2日(25日、北海道・桂GC、6477ヤード=パー72) 男子プロゴルフ・石川遼(20)=パナソニック=の妹でアマチュアの葉子(15)=西武台千葉高1年=が75で回り、通算4オーバーでカットラインに1打足りず予選落ちとなった。ツアー出場8戦目で自己最高成績と健闘したが、悔し涙を流した。63で回った韓国のアン・ソンジュ(24)=フリー=が通算10アンダーで首位に浮上した。2打差2位は穴井詩(らら、24)=雄山=。
 カットラインに1打足りず予選落ちした遼の妹・葉子は、涙が止まらなかった。52位から出て、前半12番でトリプルボギーをたたいたが、15番、7番でバーディー。このままならツアー出場8戦目で初の決勝進出だったが、8番パー3で第1打を左のバンカーに入れ、2オン3パットの痛恨のダブルボギーをたたいた。「気持ちが空回りしちゃって…」と声を詰まらせた。
 「お兄ちゃんが(電話で)調子いいねって言ってくれたので今日はもう少しいいプレーをしたかった」と反省したが、過去7戦では昨年8月のNEC軽井沢72の90位(予選通過に7打差)が最高成績だったため、大きな進歩。会場で見守ったコーチの父・勝美さん(55)は「こういう位置で試合をしたのは初めてだから疲れたんじゃない。いい経験になる」とねぎらった。
 今後のレギュラーツアー参戦は未定だが、9月15日からの山陽新聞レディースカップに出場予定。遼がプロツアーデビュー戦で優勝したのは同じ高校1年の時。妹は一歩ずつ階段を上がっていく。
 ◆石川 葉子(いしかわ・ようこ)1996年8月26日、埼玉・松伏町生まれ。15歳。兄・遼の影響で幼少時からゴルフを始める。得意クラブはドライバー。松伏第二中から西武台千葉高に進学。ツアー8戦に出場(結果はすべて予選落ち)。血液型O。身長157センチ。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6889686/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【GOLF】15歳アマチュアが史上最年少V王手! 美香は21位タイに後退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000411-ism-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大石川遼(撮影・安部光翁) 米男子ゴルフツアーは8月19日に終えたウィンダム選手権で、今季のレギュラーシーズンが最終戦を迎えた。石川遼はその最終戦でカットラインに1打足りず、予選落ちした。結局、1月から米ツアー計18試合に出場した石川は3月のプエルトリコ・オープン2位など10位内に2度入ったものの、一方で予選落ちは8試合を数えた。メジャー大会でも昨季から5試合連続で予選落ちし、8月の全米プロ選手権で初日に14位と好発進しメジャー6大会ぶりに予選を突破しながら結局59位といまひとつの結果に。低迷する石川について週刊誌「週刊現代」が最近取り上げていた。「変革の時が来ているのではないか」と“帝王”ジャック・ニクラウスの言葉を借りて現状の問題点を指摘していた。
 ■パットに阻まれた最終戦
 全米プロで予選を突破したことで、賞金を確実に加算。87万1051ドル(約6794万円)を獲得し、目標とした「90万ドル」にわずかに及ばなかったが、最近の賞金額の平均から来季のシード権(125位内)はほぼ確定させたといってもいい。
 そして迎えたウィンダム選手権。「ショットはかなり良いので、いかにパット勝負に持ち込めるかが重要」と、課題のパットが決まれば上位進出が可能だと見込んだ。
 初日のフェアウエーキープ率は71.4%(33位)、ショットの正確性を示すパーオン率72.2%(43位)と安定はしていた。545ヤードの15番(パー5)では2打でグリーン左手前カラーまで運び、残り17ヤードのアプローチを直接カップに入れてイーグルを奪取。平均29.0で68位と不調だったパットをカバーし、1アンダー発進に結びつけた。「流れはそんなによくなかったけど、初日としてはいいプレーができた」と振り返っていた。
 2日目もショットは安定していたものの、パット数は32。10番スタートの17番(パー4)で1.7メートルを外しボギー。1番(パー4)では1.5メートルのバーディーパットを決め切れず、4番(パー4)では2.2メートルを外してボギー、6番(パー4)では3パットでボギーとスコアメークに苦心した。5番(パー5)で8メートル近いイーグルパットを入れたのは唯一の救いか。結局1イーグル、2バーディー、5ボギーと出入りの激しいゴルフで掉尾を飾れなかった。
 「2日間あまりかみ合っていなかった。残念です」と悔しさを募らせた。そして、新たな課題として「今、自分に足りないものは精神状態(精神力)と集中力。それをどうやって克服していくか。これから考える」と語っていた。
 ■精神的に未熟が不振の要因!?
 前出の週刊現代では、ニクラウスに石川の不振をこう語らせている。「今年、全体的に彼の成績が振るわないのは、まだ精神的に未熟だからだと思います。自信を持ってスイングできていないから、ショットが安定せず、曲がってしまうのではないでしょうか」
 すばり、本人の分析と合致するではないか。その点は石川の洞察力はさすがというしかない。ただ、その“天才”も自ら感じる課題を克服しなければいい結果は残せない。そこで問われるのが、有名なコーチに教えを請うことになる。以前からこの点を指摘し続けてきたが、今回の週刊現代にも、米スポーツ専門チャンネルのゴルフ担当記者は「もう一段上のレベルに上がるために彼は何を磨くべきなのか、新コーチに見てもらう必要がある」と指摘した。
 今回の米国遠征を終え、今後の目標として賞金王を挙げ、そのために「ツアー2勝」を掲げた。一昨年11月の三井住友VISA太平洋マスターズ以来優勝から遠ざかっている。まだ10代だった。当時は胸のすくようなゴルフが石川の持ち味ともいえた。今は陰をひそめたと誰もが感じるゴルフで、殻を破るスカッとするプレーを見たいものだ。それが、今後の石川の進歩につながると信じる。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6890101/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【GOLF】金亨成が逃げ切ってツアー初V! 藤本は22位タイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000414-ism-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,146ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」は2日目。3アンダー24位タイから出た藤田寛之がこの日6つスコアを伸ばし首位と4打差の7位タイに浮上した。
遼、“生みの苦しみ”改良中のパター決まらず無念の予選落ち
 藤田は前半で2つスコアを伸ばすと、後半も11番でバーディを先行させる。そして迎えた12番パー3、24度のユーティリティで放った一打はワンピン手前に落ちると軽くフックしながらカップに吸い込まれていった。これには「思わずクラブを放り投げてしまった」と藤田も大喜び。その後も1つスコアを伸ばし、好位置で決勝ラウンドに駒を進めた。藤田は08年の「日本オープン」、03年の「フジサンケイクラシック」、99年の「JCBクラシック仙台」でもホールインワンを達成している。
 いい位置につけることはできたが、初日からグリーンの見た目と実際の速さのギャップに苦しめられている。「1メートルも2回ぐらい外したかな。でも、昨日よりは今日のほうが合ってきている」と徐々にタッチをあわせることが出来てきている。今季ここまで2勝を挙げ、現在賞金ランクは2位。進化を続ける40代が地元福岡で開催されている今大会をさらに熱く盛り上げる。
【2日目の順位】
1位:カート・バーンズ(-13)
2位:貞方章男(-12)
3位T:藤本佳則(-11)
3位T:金亨成(キム・ヒョンソン)(-11)
5位T:松村道央(-10)
5位T:河井博大(-10)
7位T:塚田陽亮(-9)
7位T:J・チョイ(-9)
7位T:藤田寛之(-9)
10位T:谷口徹(-8)他4名


【関連リンク】
各ツアーの賞金ランキングをチェック
「石川遼1打速報」で全ストロークを振り返るすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
藤本、ごほうびイーグルで上位に踏み止まる!首位はK・バーンズ藤本佳則、コースレコードタイで暫定首位遼、ドライバー制御できず…大荒れゴルフで暫定122位タイ


http://news.livedoor.com/article/detail/6886815/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【GOLF】15歳のアマチュア、L.コが首位タイ! 美香15位タイ、藍&桃子は無念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000413-ism-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大 第2日、通算13アンダーで首位のカート・バーンズ=芥屋GC  ゴルフのVanaH杯KBCオーガスタ第2日は24日、福岡県芥屋GCで行われた。悪天候で前日サスペンデッドとなった第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行い、第1ラウンドで8位のカート・バーンズ(オーストラリア)が64で回り、通算13アンダーの131で単独首位に立った。首位と1打差の2位に貞方章男、さらに1打差3位に金亨成(韓国)と、第1ラウンド首位の藤本佳則。石川遼は通算2アンダーの74位で予選落ち。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6886971/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


兄もスゴイ!松原、2位に3打差つけ優勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000038-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大 12番、パットを外し悔しがる石川遼 「VanaH杯KBCオーガスタ第2日」(24日、芥屋GC=パー72)

 国内ツアー復帰初戦の石川遼(20)=パナソニック=は4バーディー、ノーボギーの68で回ったものの、初日の出遅れが響き、通算2アンダーでカットラインに2打及ばず予選落ちした。64で回ったカート・バーンズ(31)=豪州=が通算13アンダーで首位に浮上。初日首位の藤本佳則(22)=フリー=はトップと2打差の3位に後退した。

 海外遠征から戻り、約1カ月半ぶりの国内ツアー復帰戦。いきなり予選落ちを喫した石川は悔しさを隠しきれなかった。

 初日に乱れたショットは修正できたが、課題のパッティングはこの日も精彩を欠いた。2、3メートルのチャンスを決めきれず、9番では1メートルのバーディーパットがカップに蹴られた。今大会から新パターを投入。「自分の狙ったラインとズレがあった。新しいものに取り組み始めたばかりなので、すぐに結果が出るとは思っていない」と話した。

 今季国内ツアーでは5月の日本プロ選手権に続き2度目の予選落ち。前週までの海外5試合は2試合に予選落ちし、最高位も42位と苦戦した。国内に戻っても悪い流れは断ち切れず、「年間35試合戦っていれば、こういう時期もある。うまくいかないからといって投げ出すわけにはいかない。勝つために必要な時間だと思って練習したい」と自らに言い聞かせた。

 10年11月の三井住友VISA太平洋マスターズ以来、1年9カ月遠ざかっている優勝。3年ぶりの賞金王奪回を宣言してツアー後半戦に臨んだものの、前途多難を予感させる結果に終わった。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6887937/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼74位、今季国内2度目予選落ち/国内男子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000041-sanspo-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 ゴルフ・VanaH杯KBCオーガスタ第2日(24日・福岡芥屋GC=7146ヤード、パー72)――前日に終了できなかった第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、カート・バーンズ(豪)が通算13アンダーでトップに立った。
 12アンダーの2位は貞方章男。さらに1打差で藤本佳則らが追う。石川遼は2アンダーの74位で、3アンダー、66位の池田勇太とともに予選落ち。12番パー3で藤田寛之がホールインワンを記録した。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6887100/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


藤田、ホールインワン!66で7位浮上…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000236-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



12番でホールインワンを達成し、カップインしたボールをギャラリーに投げ入れる藤田 ◆男子プロゴルフ VanaH杯KBCオーガスタ第2日(24日、福岡・芥屋GC=7146ヤード、パー72) 第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われた。地元・福岡出身の藤田寛之(43)=葛城GC=が、ホールインワンチャージで首位に4打差の7位に浮上した。応援する父・寛実さん(73)の前で1イーグル、5バーディー、1ボギーの66で通算9アンダー。7週ぶりに日本ツアーに復帰した石川遼(20)=パナソニック=は68をマークしたが初日121位の出遅れが響き、カットラインに2打足りない2アンダー74位で今季2度目の予選落ち。64をマークしたカート・バーンズ(31)=アクシネット=が13アンダーで首位。
 大歓声が沸き起こると同時に、藤田はクラブを放り投げた。12番パー3。24度のユーティリティーで放った第1打はピン手前3メートルに着弾し、2バウンド。軽くフックラインを描いて転がり、カップへ飛び込んだ。「久しぶりだなあ」。ギャラリーにボールを投げ入れ、余韻に浸った。08年日本オープン第2ラウンド以来プロ5度目のホールインワンでV戦線へ浮上した。
 ツアー唯一の高麗グリーンに苦戦しながら稼いだ9アンダーだ。第1ラウンドはパーオン率100%のショットでチャンスを量産しながら、35パットを要するストレスのたまる一日だったが、修正に成功。「昨日よりタッチが合ってきているし、明日はもっと合うはず」と表情は明るい。
 福岡出身の九州男児は40歳を過ぎてから日本のトップへのし上がった努力の人。「僕の隠れ根性は父譲り」と口にする。父・寛実さん(73)は2年ぶりに観戦した。昨年病に倒れたが、炎天下、応援に駆けつけてくれた。父の愛情に応えないわけにはいかない。東京の専大に進学し、ゴルフを続けると決めた際、親戚から「サラリーマンがそんな無理するな。金もかかる。プロになれるかも分からんのに」と反対された。父は周囲とケンカをしながら援助してくれた。感謝の気持ちを忘れたことはない。
 賞金ランクはトップに約1126万円差の2位。優勝ならB・ジョーンズの成績次第で1位に返り咲く。最終日には父が再び応援に駆けつける予定。「早く優勝を見せなきゃね。僕のゴルフが生きがいになっていることは間違いない」と優しい笑みを浮かべた藤田。地元で父に恩返しの今季3勝目を贈る。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6887795/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


国内ツアー復帰戦の遼、パットに精彩欠き予選落ち「勝つために必要な時間」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000018-dal-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,146ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の2日目。初日2オーバーの121位タイと出遅れた石川遼は、5番でバーディを奪うと、8番パー3では約10メートルを沈めバーディを奪取。イーブンパーに復帰してバックナインに入った。
 現時点でトータル13アンダーのカート・バーンズ(オーストラリア)が首位、トータル10アンダーの2位に松村道央、トータル9アンダーの3位に貞方章男がつけている。


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
石川遼の1打速報で2日目のスコアをリアルタイムにチェック!遼、ドライバー制御できず…大荒れゴルフで暫定122位タイ藤本佳則、コースレコードタイ“63”で暫定首位も「振っている感覚はよくない」


http://news.livedoor.com/article/detail/6885454/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


藤本、9アンダーで折り返し 遼はイーブンパー…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000159-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



<VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇24日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,146ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の2日目。サスペンデッドとなった第1ラウンドに引き続き第2ラウンドがスタート。午前スタート組が競技を終える中、カート・バーンズ(オーストラリア)がトータル13アンダーまでスコアを伸ばし首位に浮上した。21年ぶりの今大会出場となった青木功は、トータル9オーバーでホールアウトしている。
 初日9アンダーで首位スタートを切った藤本佳則、国内復帰戦で2オーバーの121位タイと大きく出遅れた石川遼は12時35分に1番ティからスタート。池田勇太、藤田寛之らは13時05分に1番からスタートする。


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
石川遼の1打速報で2日目のスコアをリアルタイムにチェック!遼、ドライバー制御できず…大荒れゴルフで暫定122位タイ藤本佳則、コースレコードタイ“63”で暫定首位も「振っている感覚はよくない」


http://news.livedoor.com/article/detail/6884943/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<速報>K・バーンズが13アンダーで首位浮上!藤本、遼らスタート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000004-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大学研電子書籍My本棚  写真一覧(2件)■夏休みの課題ラストスパート、学研が自由研究と読書感想文の電子辞書フェアを開催

 学研ホールディングスおよび学研教育出版は、iPad/iPhone対応アプリ「学研電子ストア」にて、「自由研究応援フェア」を開始した。残りわずかとなった夏休みの自由研究課題が終わっていない生徒にヒントとなる電子書籍をキャンペーン価格で提供している。

 学生の夏休みが残り1週間となった学校が多い中、夏休みの宿題もラストスパートだ。中でも時間のかかる自由研究課題のヒントとなるサポート本が「10分で読める」シリーズを同社は最大50%オフで提供するという。

 小学生の自由研究に適した疑問と答えを簡潔にまとめた話が豊富で、自由研究のテーマを絞ったり、ヒントを得たりすることに適していると同社はいう。キャンペンの内容は、「自由研究応援フェア」対象の電子書籍を最大50%オフで提供するもの。書籍の内容も、科学や動物といったものから漢字やことわざに関するものまで、幅広く扱っている。

 また、読書感想文で頭を悩ます小学生には「夏休み読み物フェア」を同時に実施。上記フェアと同じく、読書感想文に適した電子書籍を9月5日まで最大50%オフで豊富に取り揃えているという。

◆自由研究応援フェア「10分で読める」シリーズ
・10分で読める伝記 1~6年生 全6巻
・知ってびっくり!漢字はじまり物語
・知ってびっくり!ことばのはじまり物語
・知ってびっくり!ことわざはじまり物語
・知ってびっくり!もののはじまり物語
・なぜ?どうして?科学のお話1~6年生 全6巻
・なぜ?どうして? 身近なぎもん1~6年生 全6巻
・なぜ?どうして?社会のお話
・なぜ?どうして?動物のお話

◆夏休み読み物フェア
・野鳥も、ネコもすくいたい!小笠原のノラネコひっこし大作戦
・左手がなくてもぼくは負けない!カンボジア、地雷と子どもたち
・折り紙でたくさんの笑顔を盲目の「折り紙大使」加瀬三郎物語
・リヤカーマン、歩いて世界4万キロ冒険記
・ヤマネのすむ森
・闘莉王(トゥーリオ)超攻撃的ディフェンダー
・プロゴルファー石川遼 夢をかなえる道 急がば回るな
・松井秀喜 あきらめない心 夢の頂点へ
・トリシア、ただいま修業中!ほか全10作品
・飛べないピンク・ドラゴンほか全3作品
・水の都のフローラ ~錬金術師のタマゴたち
・フローラと七つの秘宝 ~錬金術師のタマゴたち2
・魔夜妖一先生の学校百物語、全12巻
・真夜中のカカシデイズ
・願かけネコの日
・ぼくのネコにはウサギのしっぽ
・おひさまのワイン
・ぼく、探偵じゃありませんシリーズ シロクまつりへようこそ!
・ゆうれい学園心霊クラブ
■関連リンク
教育情報サイト「リセマム」 中学受験・高校受験・大学受験・センター試験すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
【interpets】健康食品から歩数計まで、ペット産業見本市を歩く ジュリア・ロバーツ、重曹で歯磨き!……祖父のアドバイス10,000通りの組み合わせからカスタマイズ…「Your Reebok」スタート


http://news.livedoor.com/article/detail/6884177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


遼、今季最悪の122位「足が動かなかった」…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000297-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



12番、バンカーショットを放つ石川 ◆男子プロゴルフツアー VanaH杯KBCオーガスタ第1日(23日、福岡・芥屋GC、7146ヤード=パー72) 悪天候で競技が中断され、35人がホールアウトできず日没サスペンデッドとなった。今季1勝の新人・藤本佳則(22)=フリー=が自己最多9バーディー、ボギーなしで大会コースレコードタイとなる自己ベスト63で回り、暫定ながら2位に2打差で初の単独首位発進。1999年の日本ゴルフツアー機構発足後初の新人年間2勝を狙う。2位は塚田陽亮(27)=KUIPO=ら3人。米ツアー5連戦を終え、国内復帰戦の石川遼(20)=パナソニック=は2オーバーで122位と出遅れた。
 長嶋茂雄招待セガサミーカップ(7月5~8日)以来、7週ぶりの国内復帰戦で、石川は、ショット、パットともに精彩を欠いた。4バーディー、6ボギーで今季自己ワーストの122位発進。プロ転向した08年こそ39位だったが、昨年まで3、6、2位と得意としていた大会でワーストの74を叩いた。
 「タイミングが合わず、足が動いていなかった」。ドライバーが乱れ、前半の18番ではOB。グリーン上でも1メートル半前後を数回外すなどピン型の新パターも不発だった。米ツアーの人気選手リッキー・ファウラーのように全身を鮮やかな青で統一し、観客を楽しませたが、プレーで魅了することはできなかった。
 今季残りの目標に掲げる初勝利と3年ぶりの賞金王へ予選落ちは避けたい。「あしたはいいプレーをできるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6883906/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


藤本、史上初の新人2勝へ暫定単独トップ!自己ベストも不満…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000304-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 ◆男子プロゴルフツアー VanaH杯KBCオーガスタ第1日(23日、福岡・芥屋GC、7146ヤード=パー72) 悪天候で競技が中断され、35人がホールアウトできず日没サスペンデッドとなった。今季1勝の新人・藤本佳則(22)=フリー=が自己最多9バーディー、ボギーなしで大会コースレコードタイとなる自己ベスト63で回り、暫定ながら2位に2打差で初の単独首位発進。1999年の日本ゴルフツアー機構発足後初の新人年間2勝を狙う。2位は塚田陽亮(27)=KUIPO=ら3人。米ツアー5連戦を終え、国内復帰戦の石川遼(20)=パナソニック=は2オーバーで122位と出遅れた。
 無名の27歳がリーダーボードを駆け上がった。プロ5年目、ツアー19戦目の塚田は初めて足を踏み入れた会見場で「うわ、大勢いる」と思わず後ずさり。「パットに助けられた一日でした」。自慢のいい声でツアー自己ベストとなる65の会心のラウンドを振り返った。
 多くの選手が手を焼くツアー唯一の高麗芝のグリーンは昨年から参戦するアジアンツアーで何度も経験。「逆目と順目。まずそこをしっかり確認したら迷わず決めて打つ」。6番から9番まで4連続バーディー。後半も微妙な距離の3メートルのパーパットを沈め続けた。
 父・憲司さん(59)はプロドラマー。八代亜紀、千昌夫、島倉千代子、水前寺清子のバックで演奏してきた。塚田も幼少時代に楽器をやってはみたが、ピアノは両手が一緒に動くほどのセンスのなさに断念。10歳からゴルフに専念した。通っていた群馬のレッドベター・ゴルフアカデミーが閉校したため、中学3年からフロリダのIMGアカデミーで腕を磨いた。
 高校まで米国で過ごし、日本へ戻った理由について「挫折して帰ってきたようなものです」と淡々と話す。池田、諸藤ら活躍する同学年の姿にも「自分は亀。だから周りは気にしない。30歳くらいでこの舞台に立てたらな、と思ってやってきた」とどこまでも自然体だ。人生いろいろ。前週の関西オープンでの13位を超える自己ベストフィニッシュへ、塚田なりのマーチを歩む。
 ◆塚田 陽亮(つかだ・ようすけ)1985年5月24日、長野市生まれ。27歳。10歳からゴルフを始める。08年にプロ転向。10年つるやオープンでツアーデビュー。今季は、昨年の最終予選会80位の資格で参戦。先週終了時点で獲得賞金は283万1333円でランク87位。師匠は田中勝則。趣味は旅行。他人に負けないものは「体重といい声」。家族は両親。173センチ、86キロ。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6883911/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


無名の27歳・塚田が2位 初の会見場にびっくり…男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000001-sph-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



 男子プロゴルフツアーの第40回VanaH杯KBCオーガスタは23日から4日間、福岡・芥屋GC(7146ヤード、パー72)で行われる。米ツアー5連戦を終え国内ツアーに復帰する石川遼(20)=パナソニック=は21日、会場でショット、パットの調整。2007年の世界ジュニアのチームメートで先週、米女子ツアーで初優勝した宮里美香(22)=NTTぷらら=から受けた感動を力に変え、今季初Vを目指す。
 お互いに多忙でここ数年は、10年の報知プロスポーツ大賞など会う機会は少ないが、テレビのニュースで歓喜の瞬間を見た。「あれだけ感極まっていたのは努力していたからだと思う。素直にすごいと思いました」と、元“戦友”の奮闘に刺激を受けていた。
 海外遠征でショットの手応えをつかんだ石川は、今大会からパットに力を入れていくことを明言。22日のプロアマ戦で、9種類持ち込んだパターの中からエースを選び、実戦投入する。帰国会見で掲げた3年ぶりの賞金王奪回へ抜かりはない。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6877017/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<速報>遼、国内ツアー復帰初日は2オーバーと出遅れ…藤本が9アンダー首位!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000002-alba-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

Copyright © スポルト Let's GoooooooLF All Rights Reserved.
無料!!携帯通話料を無料にする方法 [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。