FC2ブログ
遼、起死回生の14番バーディー!大逆転で2回戦進出…米男子ゴルフなど、最新ゴルフスポーツニュースを配信します
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  その他の記事



 ◆米男子プロフェッショナルゴルフツアー世界選手権シリーズ アクセンチュア・マッチプレー第1日(22日、米アリゾナ州マラナ・リッツ・カールトンGC=パー72) 世界ランク56位の石川遼(20)=パナソニック=が、前週のノーザントラストオープンを制した同12位のビル・ハース(29)=米国=を大逆転で破る金円星を挙げた。13番まで3ダウンと苦しい展開だったが、残り5ホールで3バーディーを奪う猛攻で2年ぶり2度目の2回戦進出を決めた。2回戦は1999年の全英オープン覇者で同45位のポール・ローリー(43)=英国=に挑戦する。
 絶体絶命から放ったミラクルショットが、大逆転を呼び込んだ。3ダウンで迎えた14番パー4の第2打。残り160ヤードから9アイアンで打った石川のボールは、美しい放物線を描き、ピン手前40センチにビシッと止まった。脱帽したハースが「OK」を出し、これで1つ取り戻した。
 「開き直ったら頭の中が真っ白になり、力みのナイ練習場のスイングがパッとできた」。手に残る最高の感触とともに逆襲がスタートした。15番パー4は同じ3・5メートルのチャンスを石川だ怪我沈めて1ダウンに。17番パー4の第1打は石川の7メートルに対しハースは1・5メートル。外せば負ける可能性があったバーディーパット。下りのフックラインを沈めると右拳を握りしめてほえた。重圧に負けたハースが決められず、ついに追いついた。
 最終18番。パーを確定させた石川に対し、ハースがボギーを叩き、勝負あり。「終わった瞬間はエキサイトして何が何だか分からなかった。日本ツアーで優勝したときと同じ感じ。しびれました」。残り5ホールからの“メークドラマ”だった。
 13番までハースに手も足も出ず。それでも「相手の動きを見て流れを読んだりするので楽しい。子供たちにも良さを知ってほしい」と話すマッチプレーだけに心は折れなかった。「勝負は何がアルか分からナイと自分に言い聞かせた。自分をだましてやった」。勝利への執念が、世界ランクの差を超越した。
 前週優勝の絶好調男を破ったことで現地のTV局のインタビューに呼ばれ英語で対応。4位に入った昨年のブリヂストン招待以来、米ツアーの試合期間中では2度目となる公式会見に呼ばれ、72位に終わった前週にはなかったスマイルが戻った。
 8強に進めば大会終了後の世界ランクで50位以内に入ることが濃厚で、マスターズ(4月5~8日)の出場権獲得に大きく近づく。16強をかけた2回戦はローリーと激突。09年のロイヤルトロフィーのダブルスで対戦経験があり1敗1分け。「とにかくやるだけ」。苦しい戦いを乗り越えた勢いで、メジャー王者に挑む。




遼「悔しい」2回戦敗退/米男子ゴルフ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000001-nksports-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

Copyright © スポルト Let's GoooooooLF All Rights Reserved.
無料!!携帯通話料を無料にする方法 [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。