FC2ブログ
圧巻の“62”小林正則が大逆転V!「本当にうれしい」など、最新ゴルフスポーツニュースを配信します
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  その他の記事

ADPOINTPRO-MOBILE-



写真拡大猛チャージでツアー2勝目を引き寄せた小林正則(撮影:福田文平)<アジアパシフィック パナソニックオープン 最終日◇23日◇東広野ゴルフ倶楽部(7,020ヤード・パー71)>
 兵庫県にある東広野ゴルフ倶楽部で開催された、国内男子ツアー「アジアパシフィック パナソニックオープン」の最終日。15位タイでスタートした小林正則が、1イーグル・8バーディ・1ボギーの“62”をマーク。大逆転で今季初優勝。昨年の「とおとうみ浜松オープン」以来となるツアー通算2勝目を挙げた。
小林初優勝時にプレーオフを戦った石川遼は
 1番で約2メートルのパーパットが残った小林だったが、これを静めて気持ちを落ち着かすと、2番では4日連続となるバーディを奪取。3番、5番、6番、8番と次々にバーディを奪い、9番パー5では残り260ヤードのセカンドを2.5メートルにつけてイーグル。9ホール最小ストローク記録となる“28”をたたき出し前半を折り返した。
 途中、小田孔明、上平栄道らと熾烈な首位争いをしながら小林は後半の11番で唯一のボギーを叩くが、バーディも3つ奪い首位でホールアウト。プレーオフも覚悟していたが、後続が伸びなかったため栄冠を手にした。
 小林は今季日本ツアーのほかにアジアンツアーにも挑戦している。「両方のツアーで優勝するのが目標」としていたが、春先は調子が良かったものの、7月辺りから調子を崩し最近4試合は連続して予選落ち。とても優勝を狙える状態ではなかった。
 だが、技術的な問題ではなかった。いろいろ試そうと前向きに臨んだ今大会は「攻める気持ちを持ち続けた」。強い気持ちで臨むと、初日こそ110位タイと大きく出遅れるが2日目以降エンジンがかかり、それまで決まらなかったパットも冴えだした。「両方のツアーで優勝するのが目標だったが、ジョイントした試合で優勝できて本当にうれしい」と笑顔でコメントした小林。最後まで諦めなかった気持ちが結果につながった。
【最終結果】
優勝:小林正則(-17)
2位:小田孔明(-16)
3位:上平栄道(-14)
4位T:シーブ・カプール(-13)
4位T:近藤共弘(-13)
6位T:黄重坤(-12)
6位T:谷原秀人(-12)
6位T:呉阿順(-12)
6位T:川村昌弘(-12)
6位T:ジュビック・パグンサン(-12)
36位T:石川遼(-3)他6名


すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
小林正則、プロ14年目で初の栄冠「夢みたいです!」 2011年とおとうみ浜松オープン小林正則のプロフィール&今季成績小田孔明、最終18番に泣く…2位でフィニッシュ


http://news.livedoor.com/article/detail/6978337/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<男子ゴルフ>小林が逆転で今季初優勝…パナソニックOP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120923-00000026-mai-golf





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

Copyright © スポルト Let's GoooooooLF All Rights Reserved.
無料!!携帯通話料を無料にする方法 [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。