FC2ブログ
石川遼“口だけ番長”返上へ好発進!など、最新ゴルフスポーツニュースを配信します
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  その他の記事



写真拡大鬼門の初日でまずまずの滑り出し。石川が今季初優勝を狙う★日本シリーズJTカップ第1日(1日・東京よみうりCC=7016ヤード、パー70)
 今季最終戦は、それぞれが“男の意地”をぶつけあっている。
 今季初優勝を狙う石川遼(20)=パナソニック=は、1日に4バーディーを目標にしていたが3バーディー1ボギー、2アンダーで7位につけた。2番(パー3)でピン右6メートルをねじ込む。12番(パー4)でもピン左手前3メートルをカップに沈め「イイラウンドだった。パットが14本のクラブの中で一番よかった」と喜んだ。
 その石川が「日本シリーズの重圧の中で、1アンダーというのは僕よりもイイラウンド」と熱い視線を注いだのが、同学年のアマチュア、松山英樹(19)=東北福祉大2年=だ。1アンダーの12位で、第2日は同組でのプレーとなった。
 一方、前週に悲願のツアー初優勝を逃したが、引きずらずに好発進したのは宮里優作(31)。米女子ツアーで活躍する妹、宮里藍が応援に駆けつけた。「あの小さい体で、海外の第一線で頑張っている。一応、僕の先生。その前で変なプレーは出来ぬ」と真顔で話した。5歳年下の“師匠”は「イイスタート。このままいってほしい」と及第点をつけた。
 寒い悪コンディションのなか、しぶとく首位に立ったのは42歳の藤田寛之。「グリーンを外したときにうまくパーをセーブできた」とにこやかな表情のアラフォーはひそかに大会連覇を狙っている。




石川遼“口だけ番長”返上へ好発進!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111202-00000003-ykf-spo





※この記事の著作権は配信元に帰属します

最後までご覧いただきありがとうございました。
  その他の記事

Copyright © スポルト Let's GoooooooLF All Rights Reserved.
無料!!携帯通話料を無料にする方法 [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。